Loading...
JP / EN

NEWS

【プレスリリース】ブラウンリバースとスペースシフトが 3D ビューア「INTEGNANCE VR」への衛星データの活用に向けた共同検討を開始

日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長CEO 佐藤 雅之)は、日揮株式会社(代表取締役社長執行役員 山口康春)の子会社であるブラウンリバース株式会社(以下「ブラウンリバース」)と株式会社スペースシフト(代表取締役 金本成生、以下「スペースシフト」)が、このたびブラウンリバースが提供する3Dビューア「INTEGNANCE VR」(以下「本ビューア」)への衛星データの活用について、共同検討を開始したことをお知らせします。

自然災害や地質の経年変化による地盤変動は、状況によってはプラント・施設に損害を与え、火災や化学物質の拡散といった災害に繋がる危険性があります。このため一部の自治体は、プラント・施設の事業者に対して定期的な地盤沈下度の報告を義務付けており、事業者は地盤の変動による構造物の歪みを確認するために、地上における測量情報をベースに時間をかけて検査・報告を実施してきました。

このたびブラウンリバースと連携するスペースシフトは、合成開口レーダー(SAR:Synthetic Aperture Radar)衛星データ解析技術を持ち、人工衛星から得られる観測データからミリ単位での地盤変位量解析を行うサービスを提供しています。ブラウンリバースが提供している既設プラントを仮想空間上に再現する本ビューアとスペースシフトの地盤変位量解析サービスを連携させることによって、本ビューア上に衛星からの地表面の沈降隆起を表示することが可能になると考え、このデータ連携に向けた共同検討を開始することになりました。さらに両サービスが連携することにより、これまで数週間かけて構造物の歪みを確認していたところを、わずか数日で確認できるようになるだけでなく、災害に備えるべき箇所やメンテナンスが必要な箇所が直感的に把握できるようになり、施設の安全性向上に資する効果も期待できると考えています。

加えて、地表面の変動履歴を本ビューア上に蓄積することで、地盤沈下による影響度の範囲を本ビューア上でシミュレーションすることも可能となり、予測に基づいた想定災害シナリオの作成や防災訓練などに活用できる可能性があると考えています。

スペースシフトの地盤変位量解析サービスを取り込んだ本ビューアの追加機能は、今後の共同検討およびブラウンリバースの顧客ニーズも取り込みながら、早期の提供開始に向けて開発を進めていく所存です。

ブラウンリバースは、今回の共同検討をはじめ、プラントの保全に役立つ現場に寄り添ったデジタルツインサービスの提供を目指し、本ビューアのさらなる機能の拡充を行ってまいります。

 


 

ブラウンリバース株式会社の概要

社名 ブラウンリバース株式会社
創業 2022年5月
代表者 代表取締役CEO 金丸剛久
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 オーシャンゲートみなとみらい8F
会社ホームページ https://www.brownreverse.com/
事業概要 日揮グループの一員として、国内外の産業界へデジタルツインをベースとしたソリューションの一つとして、デジタルツインによる既存設備保全の高度化を支援する「INTEGNANCE VR」を提供しています。

株式会社スペースシフトの概要

社名 株式会社スペースシフト
創業 2009年12月
代表者 代表取締役CEO 金本成生
所在地 東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル6階Inspired.Lab
会社ホームページ https://www.spcsft.com/
事業概要 「 Sense the Unseen from Orbit (地球上のあらゆる変化を認識可能に) 」をテーマに、地球観測衛星から得られたデータをAIを用いて解析することで、人間を超える認識能力で多くの情報を引き出すためのソフトウェアの開発を行っています。インフラ管理、災害モニタリング、都市の動向把握、農業モニタリング、環境保全など、様々な分野に衛星データを活用することで、持続可能な社会の実現を目指しています。

 


 

参考資料

■ スペースシフトの地盤変位量解析技術の紹介

地盤変位量解析技術「SqueeSAR™」は、SAR衛星データを活用することで地盤や構造物の変位量をミリメートル単位で解析することが可能であり、国内外で20年以上の導入実績があります。衛星画像を利用することで人を派遣することなく広範囲を一度に解析でき、地上測量と比較して圧倒的に多くの解析点が得られることも特徴です。

地盤変位量の解析結果と解析点での時系列グラフ(イメージ図)

 

■ INTEGNANCE VR について

3 次元情報をもった 360 パノラマ写真をベースに設備管理を手軽に一元化するための3次元ビューアサービスです。製造プラントにおける設備管理業務に活用しやすい様々な機能を実装しています。


 

【 本件に関するお問い合わせ先 】

日揮ホールディングス株式会社ブラウンリバース株式会社(担当:廣崎)
Email:hirosaki.saya@brownreverse.com

株式会社スペースシフト(担当:多田)
E-mail:sales@spcsft.com

スペースシフト、令和5年度補正「グローバルサウス未来志向型共創等事業費補助金(我が国企業によるインフラ海外展開促進調査)」に採択

【ブログ】衛星データ事業共創プログラム「SateLab(サテラボ)」、共創パートナー企業を募集!