Loading...
JP / EN

NEWS

スペースシフト、令和5年度補正「グローバルサウス未来志向型共創等事業費補助金(我が国企業によるインフラ海外展開促進調査)」に採択

〜アフリカにおけるマイクロファイナンスサービス提供に向けた実証を開始〜

 

株式会社スペースシフト(本社:東京都千代田区、代表取締役 金本成生、以下、スペースシフト)は、令和5年度補正「グローバルサウス未来志向型共創等事業費補助金(我が国企業によるインフラ海外展開促進調査)」(※1)において、株式会社STNADAGE(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立彰紀、以下「スタンデージ」)との共同提案「ナイジェリア国/農地衛星情報を活用した農家向けマイクロファイナンスサービス実証事業」が採択されたこと(※2)を発表致します。

■ 本事業で採択された事業における実証の概要

ナイジェリアにおいて、農地衛星情報を活用した農家の与信管理による小規模農家向けのマイクロファイナンスサービスの提供に向けた実証を実施します。スペースシフトは光学衛星及び合成開口レーダー(SAR)衛星から得られる画像をAI技術により解析し、農作物の生育状況をデータ化まで実施します。スタンデージは本事業にてナイジェリア農家に提供する農機・農業資材の調達、保管、供給およびアフターメンテナンスといったサプライチェーン全体の管理・管轄を行います。
将来的にはキャッシュによる融資を想定しつつ、今回は高品質な農業機械を生産時に提供もしくはレンタルすることで収量の増加を支援し、収量増~確実な与信~融資のサイクル実現を目指します。

■ 参考サイト

※1 令和5年度補正「グローバルサウス未来志向型共創等事業費補助金(我が国企業によるインフラ海外展開促進調査)」
※2 令和5年度補正「グローバルサウス未来志向型共創等事業費補助金(我が国企業によるインフラ海外展開促進調査)」に係る間接補助事業者の採択結果について

 


 

株式会社スペースシフト (担当:永作)
お問い合わせE-mail:sales@spcsft.com

【ブログ】SPACETIDE2024にAWSのパートナーとして参加しました!

【プレスリリース】ブラウンリバースとスペースシフトが 3D ビューア「INTEGNANCE VR」への衛星データの活用に向けた共同検討を開始