4月22日松本零士トークセッション@Sonar Sound Tokyo 2012


お待たせしました!4月22日に開催された「SPACE SHIFT Presents松本零士トークセッション」@SonarSoundTokyoの模様をお伝えします!

漫画家の松本零士さん、SPACE SHIFTではおなじみJAXAの「宇宙おじさん」こと岩本裕之さんにご登壇頂きました!オープニングトークにて松本零士さんに突然、国際宇宙ステーションにいる若田さんから電話がかかってきたエピソードを紹介。そんな電話ならいくらでも受けてみたいものです。

続いてJAXA岩本さんより、5月18日に種子島からH-IIAロケットで打上げ予定の人工衛星「しずく」の説明。水の循環を観測する衛星で、北極海の氷の様子や、全世界の降水の状況を非常に詳しく把握することが可能になります。NASA、フランスCNESと連携して「A-Train」に参加。複数の衛星で同時に観測し、国際協力で新たな発見にチャレンジします。

すると突然画面が…

松本零士氏:「これは一体何でしょう?何に見えますか?」

会場:「???」

松本零士氏:「これはですね…金星の表面の写真なんです(!)。ずーっとズームしてみてください。」

松本零士氏:「分かりますか?建物が見えますね。大きな道路や橋も見えます。右上には大きな火山があって、左下に向かって溶岩流が流れた跡があるんですね。金星の表面温度は500度、温暖化が進むとこうなってしまうんです。今の地球に対する大きな警告だと思いますね。」
と、以前NASAから極秘入手した写真を紹介してくれた零士さん。この画像は元は非常に大きな画角で撮られており、その画像の角の部分をデジタルで大きく引き伸ばしたところ見つかったものだそうです。金星に生物がいた痕跡や文明があった証拠は今のところ、公には発見されていませんが、金星は極度に温暖化が進んでしまった姿であることは事実。こんな形でいまの地球を大切なければならないというメッセージを伝えてくれているのでした。

5月21日には、関東地方では実に173年ぶりとなる金環日食が見られます。金環日食が起こる仕組みを説明して下さいました。スペースシフトも4月20日から開催される渚音楽祭にてイベント開催します!詳しくはこちら

その後も、幼少期のお話やアフリカでの冒険旅行のお話など、興味深いお話が続き会場を飽きさせませんでした。
最後に、

「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」

というお言葉をいただき、1時間に渡るセッションが終了となりました。

松本零士さん、JAXA岩本さん、また来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました!
引続き、様々なゲストをお迎えして今後もイベントを開催して行きますのでお楽しみに!